2014年10月号
お役立ち情報かわら版(2014年10月)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

~たった5分で読める!~
ユニオンリーダーのためのお役立ち情報かわら版(H26年10月号)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

【【【【【● あいさつ ●】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】

 

こんにちは!

 

ファイナンシャルプランナーの宮越肇(みやごしはじめ)です!
先月(9月)、顧問先の労働組合さんの
定期大会に、来賓として参加させて頂きました。
長いお付合いをさせて頂いている労働組合さんです。

 

ライフプランの大切さを伝え続け、
少しずつ、組合員さんからのライフプラン相談が増えてきました。

 

可処分所得の向上運動は、簡単に
推進できるものではないことを私自身、肌で感じています。
やはり、組合役員の皆さんと一緒になって、
継続的に活動を行ってこそ、浸透するものなんだと感じています。

 

【【【【【● かわら版 ●】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】

 

さて、ここから「かわら版」です。
コーヒーでも飲みながら、リラックスしてお読みください!

 

今回のテーマは「年金のもらい方」です。

 

最初に、いきなりですが、クイズです!
この10月に誕生日を迎えて、晴れて公的年金をもらえる年齢に達したAさんは、
いつ、“はじめての年金”を受け取れるでしょうか。

 

正解は・・・ 12月です。
10月に誕生日を迎えたAさんは、翌11月分からの年金をもらうことが出来ます。
(例外として、1日生まれの場合は誕生月からの年金をもらえます。)
でも、年金は「後払いの仕組み」になっているため、
11月に“はじめての年金”を受け取れる訳ではありません。

 

年金は、偶数月に前月と前々月の2か月分が支給されるため、
10月が誕生月のAさんには、
原則、11月分の年金が12月に支給されます。

 

実際に年金を受け取るためには、
年金事務所等で手続きをする必要がありますが、
この「年金がいつからもらえるか?」は、
先日、50代の方を対象にした「ライフプラン作成セミナー」で
沢山の方からご質問いただいた内容でした。

 

もう一つ、セミナーでご質問が多かったのは
「年金の繰り上げ」についてです。
「年金の繰り上げ」によって、
年金の受給開始を60歳まで前倒しすることが可能です。
退職から年金受給開始までの「収入の空白期間」の家計を支えるために、
皆さん関心は高いですが、「年金の繰り上げ」には注意点もあります。
ひとつは、年金支給額が減少すること。

 

平成26年度の老齢基礎年金の満額は「772,800円」ですが、
これを60歳からもらい始めると、支給額は30%割引の「541,000円」。

 

かなり大きな違いとなりますし、
年金支給額合計で見ても
76歳と8ヵ月以降は、65歳からもらい始めた時と比べて
かえって支給合計額が少なくなります。

 

また、「年金の繰り上げ」には他にも、
繰り上げ支給後に障害状態となった場合に障害基礎年金が支給されない等の
注意点があります。
(詳細が気になる方は、
日本年金機構ホームページ:繰上げ請求の注意点
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5491
をご覧ください。)

 

ここまで、60歳に繰り上げした時の話でしたが、
実は、もっと細かく調整することができます。
(1ヵ月単位でも可)
例えば、支給開始を61歳からにすれば「587,300円」
62歳からにすれば「633,700円」となります。

 

「年金の繰り上げ」を選択するとしても、
注意点を踏まえた上で、いつからもらい始めると良いかを
きちんと見極める事が大切といえます!

 

年金は、組合員がリタイアした後の大事な収入源になりますが
頻繁にルール改正があって分かりづらいのも事実です。
組合員が知らずに損をすることがないよう、
これからも情報提供していきたいと考えています!

 

【【【【【● 情熱VOICE ●】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】

 

【ユニオンリーダーの横顔に迫る! 情熱VOICE】
私がファイナンシャルプランナーとして
サポートさせて頂いている顧問先の労働組合さんからの言葉です。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
・某労働組合のの委員長&副委員長
組合員の不安を安心に変えることが組合の最大の存在意義につながる。
また、何かを進めるときには必ずといって良いほど問題が生じる。
このとき組合員の不満の大半は、組合員と組合役員(執行部も含む)との
コミュニケーションギャップが原因であると感じる。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

多様化する価値観の組合員が大勢いる中で、
組合運営の難しさを感じる言葉だと思いました。

 

しかし、このような経験があるからこそ、
労働組合の運営に携わった方は、リーダーとしての
資質や感性が養われるのだろうとも思いました。
ご感想を頂けたら嬉しいです→fpunionlabo(a)gmail.com ※(a)を@に変更

 

【【【【【● お知らせ ●】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】

 

●必要保障額レポートを用いたセミナー、好評開催中です!
前回のおしらせで、「必要保障額レポート」をご紹介しました。
おかげさまで、徐々に必要保障額レポートを活用したセミナー依頼が増え、
各組合の方からご好評の声を頂いております。
その皆さまからの声が、私たちの励みになり原動力になっています。
今後もさらに満足して頂けるよう、
組合員からお寄せいただいた声を参考にしながら
随時バージョンアップを行っていきたいと思います。

 

●新ツール【資産形成レポート】を開発しています。
今回「必要保障額レポート」というツールを開発したことで、
組合員ごとに より具体的なアプローチができることを実感しました。

 

そこで、さらに組合員の方のサポートができるように
現在次なる新ツールの開発を行っています。

 

その名は・・・【資産形成レポート】!!!

 

【資産形成レポート】とは・・・

老後に予想される生活資金と年金受取額を基に、
組合員ごとに現役時代にどれくらい貯蓄しないといけないか
がわかるレポートです。

 

レポートの詳細内容については、まだ開発中のため詳しくは紹介できないのですが、

おかげさまで、次も良いツールが出来上がりそうです。

 

ぜひご期待ください!
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
それでは、また次回の【情報かわら版】でお会いしましょう!
今後も、皆さんのご活躍を蔭ながら応援しています。
●ブログを掲載しています!
【ファイナンシャルプランナー宮越肇の舞台裏】

 

主に、平日、仕事の舞台裏を掲載しています。
どうぞ、お気軽に“読者”になって頂ければ嬉しいです。
http://ameblo.jp/hia-miyagoshi/

2014.10.01

一覧へ戻る

労働組合の皆様の保険(共済)・住宅購入・資産運用・ライフプランのご相談はFPユニオンLaboにお任せください