2016年11月号
お役立ち情報かわら版(2016年11月)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

~たった5分で読める!~

ユニオンリーダー向けお役立ち情報かわら版(2016年11月号)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

【【【【【● あいさつ ●】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】

 

 

こんにちは!ファイナンシャルプランナーの植田 一樹です。

今回のお役立ち情報かわら版は宮越に代わり、

わたくし植田が担当させていただきます。

 
初めましての方もいらっしゃるかと思いますので、

少し自己紹介をさせていただきます。

 

 

私は現在30歳になるのですが、大学卒業後は

大手住宅メーカーの営業と外資系保険会社の営業と、

ずっと営業畑で仕事をしておりました。

 
営業の仕事をしていく上で、ファイナンシャルプランナーの勉強をし、

知識が増えるにつれて、

 

 

「今まで知らなかったことがたくさんあり、すごく損をしてしまっていた!」

 

 

と感じるようになり、元来、人に教えることや喜んでもらうことが好きな性格のため、

純粋に、役立つ情報をお客様に提供していくことを徹底するようになりました。

 
不思議なもので、営業らしい営業をしなくなってからの方が営業成績は上がっていき、

改めて、『中立公正で質の高い真のFPサービス』を行うことの大切さや楽しさを

実感しました。

 

 

「縛りなく、真に役立つ情報を声を大にして多くの方に発信したい」
そんな思いからFPユニオンLaboの使命に共感し、入社いたしました。

 

 
ちなみにプライベートでの趣味は旅行で、日本は全都道府県制覇しました!

美味しいものを食べたり、お酒を飲んだりすることも大好きなので、

どこか良いお店やおすすめ観光スポットなどあれば是非教えて下さい。

 

 

それでは今後ともどうぞよろしくお願い致します。

またセミナーでも皆様とお会いできることを楽しみにしています。

 

 

【【【【【● かわら版 ●】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】

 
さて、今回のテーマは、「盲点を利用した意外な貯金法」です。

人生を過ごすうえで切っても切り離せないお金。

そんなお金を効果的に貯めるには実はコツがあるんです。

難しいことはなく、サクッと読めますのでどうぞお付合いください。

 

 

さて、皆様は貯金が得意ですか?苦手ですか?

実はお金が貯まる人と貯まらない人には貯め方に違いがあるんです。

どのような違いかというと、

 

 

貯まらない人:収入-支出=貯金
貯まる人:収入-貯金=支出

 

 

というような貯め方をそれぞれしているんです。

上の式だけじゃわかりづらいので少し解説しますと、

 

 

貯まらない人はお給料が入ったら一ヶ月生活をして残った分を
貯金しているということです。

これではついつい出費がかさんでしまい、
思ったように貯金ができないということに繋がります。

 

 

それに対して上手にお金を貯められている人は、
お給料が入ったらまずは決めた金額を貯金し、
残った金額で生活をしています。

そうすることで、確実に決まった金額ずつ貯まっていきますし、
考えてお金を使うようになります。

 

 

心理的に、お金があるときには気が大きくなってつい使ってしまいがちですが、
お給料日前などにお金が厳しいなと感じたときには節約をしますよね。

先取り貯金をすると必然的に使える金額が限られてくるので
しっかり考えてお金を使うようになります。

 

もし今貯金がうまくできていないなという方がいらっしゃいましたら、
まずは先取り貯金をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

目安としては手取りの20%を貯金できると良いと思います。

手取り30万円の方なら6万円ですね。

結構大きいようにも見えますが、
残りの24万円は自由に使ってもいいと思うと、
意外と大丈夫そうに思えませんか?

もし、20%貯めていければ、
5ヶ月で1ヶ月分の手取額が貯まりますし、
5年で1年分の手取額が貯まりますのでとても大きい差になります。

 

 

もう一つ、先取り貯金ができている方でもなかなか意識できていないだろう
“盲点を利用した意外な貯金法”をお伝えします。

 

 

今、皆様はご自身のお財布の中に、
小銭がいくら入っているか把握されていますか?

たぶんほとんどの方がNOだと思います。

ほとんどの方が把握されていない盲点である「小銭」を利用します。

 

 

どうするかといいますと、
1から365までの数字を入れた表を作り、
毎日財布にある小銭の中から適当な金額を貯金箱に入れて、
貯金した金額のマスを潰していきます。

50円貯金すれば50のマス、283円貯金すれば283のマス、
というように潰していき、1年間かけて全部のマスを埋めていきます。

 

 

これの良いところは、最大でも365円までしか入れなくていいですし、
日によって入れる金額を調整できるところです。

 

 

もし入れようと思った金額が既に埋まっていたときは、
2日分に分けたり(例:100円を27円と73円に分けて2日分とする等)、
貯まっている中から両替をしても良いです。

 

 

とにかくそのように一年間続けて、全マスを埋めると
なんと66,795円貯まります!

まさに塵も積もれば山となるです!

 

 

ちなみに私は前述した先取り貯金と365日小銭貯金を組み合わせて、
朝と晩の食費を1日1000円と決めており、3日分の買い物を3000円以内で行い、
そのお釣りを3マスに分けて貯金しています。

これをやると上限が決まっているので無駄な買い物も控えるようになり、一石二鳥です。

 

 

今回ご紹介した方法もご自身に合わせてやりやすいようアレンジしても良いと思います。

皆様の資産形成をする一助となれば幸いです。

2016.11.14

一覧へ戻る

労働組合の皆様の保険(共済)・住宅購入・資産運用・ライフプランのご相談はFPユニオンLaboにお任せください